TEAChannel

【第4回】観点別評価で授業づくりはどう変わるか?

  • その他
  • その他
団体名: 【京都府】京都大学
協力者: 大学院教育学研究科 准教授 石井英真
京都大学大学院教育学研究科准教授、博士(教育学)。日本教育方法学会常任理事、日本カリキュラム学会理事、文部科学省「児童生徒の学習評価に関するワーキンググループ」委員など。学校で育成すべき資質・能力の中身を明確化し、それを実現するカリキュラム、授業、評価のあり方について、理論的・実践的に研究している。日本全国の小・中・高等学校の現場で、授業改善を軸にした学校改革にも取り組んでいる。著書に『未来の学校―ポスト・コロナの公教育のリデザイン』(単著・日本標準)、『授業づくりの深め方』(単著・ミネルヴァ書房)、『ヤマ場をおさえる学習評価(小学校編・中学校編)』(編著・図書文化)など多数。
公開日: 2021年10月31日

会員登録で、TEAChannelを
もっと便利に使ってみませんか?

実践事例やコラムの動画を視聴できます。
指導案や教材のダウンロードも可能です。

※会員登録は学校教育関係者限定です。

関連する記事

    関連するサイト

    おすすめの記事

      関連タグ