TEAChannel

教科横断的授業 ~なぜ必要か~

  • 高校
団体名: 【兵庫県】兵庫県立北須磨高等学校
協力者: 主幹教諭 平松はるみ
兵庫県立北須磨高等学校 主幹教諭、国語科教員。日本国語教育学会会員。論語指導士。漢字教育士。国語科総合単元学習の研究と実践に取り組み、研究発表や普及活動を行っている。主な著書として、『学びとしての知の方法』由井はるみ・草野十四朗著(明治図書)『国語科でできるメディアリテラシー学習』由井はるみ編著(明治図書)、『探究の力を育む課題研究~中等教育における新しい学びの実践~』林創・神戸大学附属中等教育学校編著等がある。日本国語教育学会では、第37回西日本大会にて研究発表、第78全国大会にて実践報告等、様々な形で実践発表を行っている。
公開日: 2021年4月6日

会員登録で、TEAChannelを
もっと便利に使ってみませんか?

実践事例やコラムの動画を視聴できます。
指導案や教材のダウンロードも可能です。

※会員登録は学校教育関係者限定です。

関連する記事

    おすすめの記事

      関連タグ