【TEAChannel】言語活動に取り組む先生のためのサイト|授業に役立つ指導案多数!

  • 中学校
  • 中2
  • 国語

結論を導く能力の育成~話し合うだけで終わらせないための工夫を考える~

【埼玉県】埼玉大学教育学部附属中学校
教諭 大塚悠希
単元名:立場を尊重して話し合おう
公開日:2022年10月4日

自分の話し合い活動を客観的に見ることで話し合いを充実させるポイントが見えてくる!

指導の概要を見る
指導案を見る
ログイン後に閲覧できます
  • 1.単元名:考えよう!話し合いの『虎の巻』

  • 2.単元の目標

    (1) 意見と根拠、具体と抽象など情報と情報の関係について理解することができる。【〈知識及び技能〉(2)ア】
    (2) 互いの立場や考えを尊重しながら話し合い、結論を導くためのポイントについて、考えをまとめることができる。【〈思考力、判断力、表現力等〉A(1)オ】
    (3) 言葉がもつ価値を認識するとともに、読書を生活に役立て、我が国の言語文化を大切にして、思いや考えを伝え合おうとする。【〈学びに向かう力、人間性等〉】
  • 3. 単元計画:全5時間

    第1時:ねらいをつかみ、自分たちの良い点や課題点について確認する。
    第2・3時:テーマについて、自分の立場を決め、自分の意見の根拠となる情報を集め、考えをまとめる。
    第4時:話し合い活動を行うとともに、他の話し合いの様子を観察し、アドバイスをしたり、自身の話し合いについて考えたりする。
    第5時:話し合い活動を振り返り、考えたことや気づいたことについてまとめを行う。

会員登録で、TEAChannelを
もっと便利に使ってみませんか?

実践事例やコラムの動画を視聴できます。
指導案や教材のダウンロードも可能です。

※会員登録は学校教育関係者限定です。

関連する記事

    関連するサイト

    おすすめの記事

      関連タグ