TEAChannel

  • 中学校
  • 中1
  • 国語

選択式課題を軸に展開する 主体的で対話的な学び

【兵庫県】神戸市立舞子中学校
教諭 大谷卓治
単元名:少年の日の思い出
公開日:2021年5月24日

「対話的で主体的な学び」と「深い学び」を接続する

指導の概要を見る
指導教材を見る
ログイン後に閲覧できます
  • 1.単元名

    教材:ヘルマン・ヘッセ『少年の日の思い出』(『現代の国語 1』三省堂)
  • 2.単元の目標

    (1)事象や行為、心情などを表す語句の量を増やし、話や文章の中で使うことで、語感を磨き語彙を豊かにすることができる。〔知識及び技能〕(1)ウ
    (2)登場人物の関係性や心情の変化、行動の理由や意味などについて、描写を基に捉えることができる。〔思考力、判断力、表現力等〕C(1)イ
    (3)文章を読んで理解したことに基づいて、自分の考えを確かなものにすることができる。〔思考力、判断力、表現力等〕C(1)オ
    (4)進んで登場人物の関係性や心情の変化、行動の理由や意味などを捉え、考えたり、感じたりしたことを学習課題に沿って表現しようとする。〔学びに向かう力、人間性等〕
  • 3.単元の評価規準

    【知識・技能】
    事象や行為、心情などを表す語句の量を増やし、話や文章の中で使うことで、語感を磨き語彙を豊かにしている。((1)ウ)
    【思考・判断・表現】
    (1)「読むこと」において、登場人物の関係性や心情の変化、行動の理由や意味などについて、描写を基に捉えている。(C(1)イ)
    (2)「読むこと」において、文章を読んで理解したことに基づいて、自分の考えを確かなものにしている。(C(1)オ)
    【主体的に学習に取り組む態度】
    進んで登場人物の関係性や心情の変化、行動の理由や意味などを捉え、考えたり、感じたりしたことを学習課題に沿って表現しようとしている。

会員登録で、TEAChannelを
もっと便利に使ってみませんか?

実践事例やコラムの動画を視聴できます。
指導案や教材のダウンロードも可能です。

※会員登録は学校教育関係者限定です。

関連する記事

    おすすめの記事

      関連タグ